2016年01月16日

国会で何かもめていると、世間では大変な事態になる?

「質疑の時間を絞られるからいじめだ!」、「はい、今とても重大な発言がされました」とか、国会の先生方は難しい問題を難しく問いていらっしゃるんですが、そんな時に?限って?、、なにやら世間ではいろんな難事件や難な事故?が起きているように思うのは、私自身の勝手なのでしょうか?

「私の質問に、全く答えていませんね」って、言われればそうなのかもしれませんが、わざわざ聞かなくても良いのでは、、、って思うものや、Trappyな質問が多すぎるように感じるのも、私の勝手なのでしょうかね??

でも、国会の先生方が、ガタガタ騒ぎすぎているときに、よく大変な事故が多いように思えて仕方がないんですね、、、。


P.S 平和を叫ぶのは委員ですが?
   国会やデモ生活で平和とは程遠い行為を繰り返しては、国家を批判していらっしゃるは、平和をどのようにして、身近なところから築きあげるのかを、もっと、広い視野で捕らえてから考えて欲しいものですね。

国会の先生方も、「反対、反対」といいたいところは分かりますが、もっと、平和的にしてはいただけないのでしょうかね?!




posted by Tosani at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック