2016年12月21日

冬至にかぼちゃ、、、(カンボジアからやって来た、、、)

なんでも、冬至にはかぼちゃを食べると風邪を引かないということを聴いたことが、あるようなないような、、
なんでかぼちゃか? 気になって調べてみました。
かぼちゃは「南瓜」(なんきん)と書きます。 冬至は一番昼が短い日。そこで、運盛のために「ん」のつくものを食べて「運」を上げるのだそうです。
また、夏野菜なのに長持ちするかぼちゃは、夏のエネルギーもいっしょに長持ちさせるということから、冬至までいろんな栄養を保ってくれる“かぼちゃ”は本当に偉いんですね!

夏野菜だからって、南国の野菜だって、扱い方で難にでも効くというところが良いですね!
つまり、何処の国のだれそれの食べ物だからって、関係ないわけですね!

ずばり、私は、「TPP賛成派}です。

地産地消もいいけれど、世界が平和にならなけりゃ食の安全なんて守れませんよね!
関税だって必要かもしれないけど、国境撤廃に関税は効き目がないですよね、、、、。

これでまた、日記が書けますように、、、。
posted by Tosani at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック