2018年04月20日

責任とは

まあ、偽物化本物かを見分けるには、まず見ただけでは分かりませんよね。
何年も付き合うというか、いろいろ調べてはいろいろ試したりしてわかるものですがね。

じゃ偽物とは、どのようにして、、、。
製鉄所の近くに暮らしているのでいうわけではないですが、鉄は熱いうちに打て?
つまり、叩いてみるとわかるようですよね。
ころころ変わるものが、まさか本物だった!? なんてことは、聞いたり見たりしたことがないですよね。
叩いたらわかる。ということですね。
だから、今も昔も叩かれているけど、しぶとく生き残っているもの、存在、人間、団体こそ本物ということですね。
何かあると、すぐに、、、。都合が悪くなると、すぐに分裂や啜りよる? どこかによくあることですが、そういう個人、団体、組織、とにかく結集しては騒ぎ立てる、いつでもどこでも、同じような顔顔顔??? 偽物に違いない!!!

そこで、問題が起こると、やめろ、辞任だ辞職だ〜〜〜〜〜!
任命責任だ!〜〜〜。

じゃ、自動車がよくリコールになったりするけど、それは、選んだ人や、買った人や販売関係の人の責任なのか??
「わたしは、この車を選んだ、任命責任で今回の事故の損害賠償をしま」すか??
作った人、メーカーじゃないですかね?

〇〇の責任はこの私と、この私を作り出した何か、が責任ではないですか?
子供の責任んは、、、親?、、未成年ならば。でも自分で責任を負うことが、一番ですよね!!
なめとんのか?? 逆に、こちらの立場が弱いのを逆手に取っておいて、、、逆に、パワハラやセクハラではないでしょうかね?

つまり、今いろいろ打たれたり、叩かれたりするということは、、、ずばり、本物だららでしょ!

偽物は打たれたり叩かれたりしなくても、自分のほうから、逃げていきますよね!


posted by Tosani at 11:30| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。