2010年12月12日

ノーベルはウキウキ?

表彰式って良いものですね。
人とのことなんだけど、とても興奮するというか、緊張するというか、
ドキドキ、ワクワクですよね。

だから、ウキウキなんですよね。
でも、ここだけの話にしておいてくださいね。

ウキウキは良いけれど、“leak”は困りますから。
大変なんでしょ?
サイバー。(ショット?)

それにしても、中国って凄いですよね。
漁船の船長も作家も、、、

かたや、他国政府を転覆させるし。

あとは、自国を転覆させるし。
ノーベル賞授与も拒否させるし、、、

なるほど、簡単に勝てませんよ“JAPAN”は、、、
なんでも、ノルウェーサーモンの輸入にも、ちょっかい出した。とか、、、

ノーベルは委員んですかね。?
ノーベル委員会は

もっと知恵が必要ですね。
あの作家には、是非、ズバリ、
“「ノーベル文学賞」”を授与するべきでしょう!

それから、中国政府はいっそ、サーモンをどんどん輸入して、
サーモン不足にしなくては、いけませんよね。
そうすれば、少しはChinaには、有利かな?
冷凍技術、大丈夫ですよね?

あと、“「リュウ」”さん?でしたか?

共産党批判はやめにして、
新たに“中国強酸党”を立ち上げて、
私が代表の「硫酸」です。
とかにしてほしかったな。


あっ! ここだけの話にしておいてね。

ウキウキは“leak”しないもの、、、
posted by Tosani at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

茶柱が立つと縁起がいい?

行楽地やわりと新しい住宅地には結構多いんですよね。
“茶色い柱”つまり“茶柱”
「茶柱がたつと縁起がいい!」

そうそう、商店街にも最近多く見かけますよね。

「縁起が良い」からですね。まさしく!

えっ? 貴方の街では、柱がない? 電線の「地中化」?
どうりで、街がなんだかすっきりしていると思いました。

これも違う?

「茶柱!」「お茶の!」演技はヤメテ!

それを言うなら、「演出はやめて!」

なんでもいいけど、茶柱が立つのって本当に珍しいことなんですよね。
昔からの言い伝えだから、理由はいろいろあるみたいですがね。

でも、なんで人に言ったらいけないんでしょうね?

そこで考えました、、、

「どうだい!俺の茶柱立派だろ!」って、自慢ばかりしていたら、、、

「Jealousy!」「ジェラシー!」って、もう大変なんですから!
縁起も良くなりませんよね。


別に「茶柱!」街の!でもいいけど、何か自分に良いことがあったからって、
騒いでばかりいると、ろくなことがないわけですよ。

自分に善いことがあったなら、黙って他人に善いことをしてあげれば善いわけで、
むやみに口にするな! ということですよね。何事も。

これが、「茶柱立っても人に言うな!」ということですよね。
きっと“運”も逃がしちゃいますよね。
だから、良いことあったら、善いことあったら、そ〜っと、そ〜っと、
心と身体で教えてあげてね!!


極膳 お茶づけ 秋のキャンペーン

えっ?いや、その〜、、、トホホホホ〜


posted by Tosani at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

お盆って本当に不思議なもの

いや〜伝統というか、習慣というんですか?
慣習?というんですか?
良いものですよね。

やっぱり良いものは時代に関係なく受け継がれていくんですね。

でも、慣習やしきたりというものって、どちらかと言えば、
なにか教訓じみたものが多くないですか。

つまり、“失敗談”? ということ。多くの犠牲によって作られているものなんですね。

だからというわけではないけれど、
許せるものならば、ゆるしましょう。

“失敗が成功の元”ですね。

それは「おらーしまったろー」

でも、憧れているのは、
よく腕をつかまれたとき、、、思わず、、、

「はなさんかーじじいー!」ってね。



ごめんなさい。山田邦子さんのネタです。

とってもエコなライフ・スタイルは、“花咲かじい”

何と言ってもこの人が今の私の“アイドル”です。

落ちがありませんね。

もっと「話さんか、じい!」

お盆には昔話がいいですよね。エコ生活、再利用は「花咲かじい」が善い。

お後が宜しいようで。
posted by Tosani at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

これがくると夏

DSCF1767.JPG
やっぱりこれが聞こえてくるとくると、「夏!」ですね。

あれっ? ちょっとヘン???

よく見たら、“メス”なんですね〜、、、

泣かないで〜、泣くんじゃない〜、“泣いちゃダメ”(これはサンタさんか)

1週間か2週間の命?
「アリとキリギリス」(童話)って、昔々は、
「アリとせみ」の話だったとか、、、。

“キリギリス”でも“せみ”でもいいんだけど、
人間と比べられたら、とっても迷惑な話ですよね。

昆虫が悪いんじゃなく、ただ“人間”が悪いんだから、
悪い人間の象徴みたいに、せみやキリギリスを持ち出すなんて、、、

誰かに怒られそうだから、このへんで、、、

アリだって、せみだって、キリギリスだって、
みんなみんな〜生きているんだ、ともだちなんだ〜
って、アンパンマンの原作者は、ホンとに偉いですよ!

勝手に、動物や植物や昆虫を悪者のたとえ話にしては、
いけないんではないでしょうかね〜

泣かないで〜、じゃない!
怒らないで〜!こんなこと言ったとしても。

グリコ夏のお勧め⇒グリコネットショップ 健康食品・飲料
posted by Tosani at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

憎まれっ子どこ?

悪口をいわれると長生きする?

「憎まれっ子世に憚る(はばかる)。」

昔から言われていますよね。
これってどうなんでしょうかね?
悪口言われている人は、全て悪人なんでしょうか?

じゃあ、悪口言ってる人は、世にはばからない?

ということは、、、
ここで言ってる悪口ってなんじゃいな〜。

結論、“悪口言われてるひとも憎まれっ子”も、
「ジェラシー」らしくないですか。

もし、世にはばかっているとすれば、やっぱり

「ジェラシー!」でしかないですよね。

なるほど納得!

もっと言って!もっと言って!

なんちゃって。

ズバリ、これで決まり!

そういえば、鮫の乱獲がどうのこうのって、聞こえて来るんだけど、
結構な憎まれっ子だから、
大丈夫ですよね。
減っているといっても数は不明らしいので、、、、誰か早くデータを、、、
posted by Tosani at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする